捕鯨問題

ノルウェーからのクジラ肉輸入計画中止要請書

2001年2月15日(木)
内閣総理大臣  森 喜朗 殿
農林水産大臣 谷津義男 殿
水産庁長官   渡辺好明 殿

イルカ&クジラ・アクション・ネットワーク
事務局・倉澤七生

「ノルウエーからのクジラ肉輸入に抗議する」

 本日付け朝日新聞記事「鯨肉DNA登録へ」を読み、大変驚いています。1月にノルウェーがクジラ肉の 輸出解禁を発表してから、日本政府各省がクジラ肉輸入に対して慎重であったことを評価していたからです。しかし、今回の方針は日本の捕鯨問題に商業取引を利用しようというもので、現在IWCで検討されている新管理方式の議論をも空洞化させ、「持続的な利用」を主張する水産庁の立場からも矛盾したものといわざるをえません。

続きを読む...

新説「クジラが増え過ぎ」に反論

クジラが"私たちの魚"を横取りする?!

雑誌『New Internationalist』#325/JULY 2000・添付日本版14号に寄稿

このところ、捕鯨の正当性を訴えるための新説が日本のメディアに受けている。「クジラが増えすぎて、人間の消費する魚の3倍から6倍もの魚を食べている。生態系を守るためにも、世界的な食糧政策のためにも捕鯨が必要」という主張だ。

続きを読む...

第52回IWC会議報告

イルカ&クジラ・アクション・ネットワークのメンバー2名は、オーストラリアのアデレードで開催された第52回IWC年次総会にオブザーバー参加しました。商業捕鯨の再開に反対する私たちのステートメントは、賛同いただいた65団体10個人の名前を添えて初日に事務局に提出。各国代表、メディア、NGOに、日本政府代表団の意見が必ずしも日本国民を代表したものではないことをアピール

続きを読む...

ドミニカ国の票を日本が買った?!

 IWC年次総会の最終日の6日、ドミニカ国の漁業相アサートン・マーチン氏が、IWCにおける票を日本が買ったと非難して辞任しました。火曜日 (5日)に行われた南太平洋サンクチュアリ提案の採決にさいし、同国代表団はサンクチュアリに反対する日本支持にまわりました。しかしこれは、当初予定していた内閣の決定「棄権」に違反しているというのです。マーチン氏は、日本が人口7万人の同国に対し、IWCに加盟して以来、あたらしい漁業関連施設の建設に7億円もの資金援助を行ったことを指摘しています。
 日本政府は、日本の資金援助は150以上の国に行っているとし、環境保護団体が影で大臣を操っているとコメントしていますが、大金が支払われたことには違いありません。

続きを読む...

第52回IWC会議向け声明文

IWCへの正式オブザーバー参加を認められたNGOは、オープンステートメントと称する文書を提出することができます。この文書は全参加国代表および全参加NGOに配付されます。日本を出発する直前に急きょ賛同団体をつのりましたが、わずか10日程の間に75団体および個人の賛同が集まりました!


IWC/52/OS IKAN

私たちは、日本政府の行っている調査捕鯨とその拡大・捕鯨再開の提案に反対します

イルカ&クジラ・アクション・ネットワークほか 65団体 および個人10名

私たちは、日本で活動している市民のグループです。日本国内でのクジラ肉消費は、なくてはならない食料ではないと考えています。

確かに、戦後の一時期において、クジラ肉は貴重な動物蛋白源で

続きを読む...

insurance
insurance
insurance
insurance