捕鯨問題

公開質問状「商業捕鯨開始に際しての質問」に対する水産庁からの回答

2019年6月26日付け、当ネットワークからの公開質問状に対し水産庁から回答がありました。

pdfファイルでご覧いただけます→pdficon large(約165KB)

 

回答内容につき、思うところをブログに綴ってみましたので、併せてご参照頂ければ幸いです。

公開質問状「商業捕鯨開始に際しての質問」提出しました

2019年6月26日、イルカ&クジラ・アクション・ネットワークは農林水産大臣及び水産長官宛に公開質問状として「商業捕鯨開始に際しての質問」を提出しました。

提出した公開質問状をpdfファイルでご覧頂けます⇒pdficon large(約240KB)

IWCでの妥協案の模索と挫折(1997~2010):決裂は不可避だった のか

IKANet NEWS Vol.73 2019年4月26日号に掲載された真田康弘氏(早稲田大学地域・地域間研究機構 研究院客員准教授)による寄稿記事『IWC での妥協案の模索と挫折(1997~2010):決裂は不可避だったのか』がpdfファイルでご覧頂けるようになりました。

pdficon large(約730KB)

商業捕鯨「再開」後の鯨肉供給を想像する

IKANet NEWS Vol.73 2019年4月26日号に掲載された佐久間淳子氏(フリーライター)による寄稿記事『商業捕鯨「再開」後の鯨肉供給を想像する』がpdfファイルでご覧頂けるようになりました。

pdficon large(約290KB)

IKAN号外:脱退の意味を保護側から考える

佐久間淳子特別寄稿

日本政府が2018年12月26日に、IWCを脱退すると寄託国である米国政府に、通告しました。このままなら今年6月30日をもって、脱退が確定します。
この件の報道では、「これから商業捕鯨でバリバリ捕れるぜ」というニュアンスのものがあるためか、特に海外(非日本語圏)で懸念の声が上がっています。
そうはならない、ということは、昨年末の72号で書きましたが、お読みいただいた方から、「サンクチュアリとの関係が、理解されていないようです」と教えていただきました。
そこで、サンクチュアリと、脱退によって日本が調査捕鯨を打ち切った海域、今後商業捕鯨を再開させる海域を1つの地図に落としました。

続きを読む...

insurance
insurance
insurance
insurance