捕鯨問題

2011年10月27日 共同プレスリリース

補正予算22.8億円は、ムダな南極海での捕鯨ではなく、地域再生と被災者の支援に

この10月21日、政府は第3次補正予算を閣議決定しました。その柱となるものは、3月11日の地震、津波、そして原発事故による深刻な被害を受けた地 域、市民への復興支援です。しかし、この中に、復興支援とは関係のない、調査捕鯨の継続に向けた補助金およそ23億円が含まれています(注1)。 これに対し、本日10月27日、国内NGO14団体が共同声明を発表し、調査捕鯨への補助金ではなく被災者の支援に使うよう求めました(注2)

続きを読む...

震災復興のドサクサ紛れに捕鯨事業費を大幅増額!

それでいいのか、税金の使い方!

政府は10月4日の記者会見で2月に中止した南極海 での調査捕鯨を今期も行うと宣言しまし た。

調査捕鯨は、日本鯨類研究所が、捕獲した肉の売り上げをもとに毎年5億円の補助金を得て実施してきました。

ところが昨今の鯨肉の売り上げ減少と南極海での妨害活動により、赤字が慢性化し調査 継続が困難になってきました。

そのため、今年7月に報告の出た「鯨類捕獲調査に関する検討委員会」では、 継続とともに、中止/縮小が併記されています。

昨日10月21日、第3時補正予算の閣議決定が行われ、水産予算4989億円のうち、捕鯨地域の復興ということで、鯨類捕獲調査安定化推進対策22億84百万円を

続きを読む...

補正予算で調査捕鯨に20億円?!

野田さん!問題の多い調査捕鯨ではなく、震災の被害者、とりわけ福島の子どもたちにこそ予算を使ってください

政府は昨日の記者会見で2月に中止した南極海での調査捕鯨を今期も行うと宣言しまし た。

調査捕鯨は、日本鯨類研究所が、捕獲した肉の売り上げをもとに毎年5億円の補助金を得て実施してきました。

ところが昨今の鯨肉の売り上げ減少と南極海での妨害活動により、赤字が慢性化し調査継続が困難になってきました。

そのため、今年7月に報告の出た「鯨類捕獲調査に関する検討委員会」では、 継続とともに、中止/縮小が併記されています。

しかし、この補正予算をみると本来鯨研が支払うべき今期の赤字分(30億円)を 年度予算(5+2億円)に補正予算を加えてすべて肩代わりするつもり

続きを読む...

小冊子『もう、きっぱりやめよう!調査捕鯨』

10月5日付けの記事でお知らせしました様に、赤字続きで中止/縮小さえ検討に上っている調査捕鯨に対し、野田政権は本来鯨研が支払うべき今期の赤字分(30億円)を 年度予算(5+2億円)に補正予算を加えてすべて肩代わりするつもりのようです。

震災復興、原発事故対処に予算が足りないくらいの筈なのに、様々な問題を抱えている調査捕鯨に国費を

続きを読む...

調査捕鯨の中止を歓迎する

イルカ&クジラ・アクション・ネットワークは、本年218日の第二期南極海調査捕鯨(JARPAII)の中止を歓迎します。そして、より広範な情報共有のもと、日本国内においても冷静で建設的な議論がおこなわれ、結果として、日本が今期のみならず、恒久的に南極海捕鯨から撤退することを要望いたします。
 これまでも、捕鯨賛成、反対いずれの側からも南極海における捕鯨活動に対する批判がありました。

続きを読む...

insurance
insurance
insurance
insurance